So-net無料ブログ作成

イスラム国に人質に取られた日本人 [社会]

イスラム国に人質に取られた日本人は今どうなっているのでしょう?

 国の対応は如何に!?

 1月23日午後2時50分の期限が過ぎたが何も起こらなかった。

イスラム過激派イスラム国によって人質に取られた日本人男性2人・フリージャーナリストの後藤健二さんと会社経営者の湯川遥菜さんの現状は不明のです・・・

2億ドル(約235億円)の身代金を要求された日本政府は「人命第一で対応に全力を尽くす」とした上で安倍晋三首相が22日の会見で「テロに絶対屈しない」と述べたように、人質解放のための身代金支払いを前提とした交渉には応じない姿勢を崩していないようです。

中には今回のように日本人が 拘束された場合に、新法制では自衛隊を派遣して救出できるかどうかについて「領域国の同意に基づく邦人救出などの警察的な行動ができるよう法整備を進める」という意見もあるようですね。 

 イスラム国との戦闘に自衛隊を派遣することは「2名の日本人の人命を盾にとって脅迫する許しがたいテロ行為」としつつも、昨年7月に閣議決定した武力行使の「新三要件を満たすとはいえないものと思われる」と、否定的な見解を示している。米軍などが実施している空爆にも「参加する考えはまったくない」という意見も出てます。

 また、 イスラム過激派組織「イスラム国」が日本人2人を拘束してインターネット上に公開した映像を加工し、笑いものにするような「コラ画像」がツイッターで多く出回りました。人命がかかっている事態で不謹慎ととらえる人もいるでしょう。

海外のメディアも注目したが、意外な見方を示したのはをしたのは、イスラム教の風刺画を巡って「表現の自由」を声高に主張するフランスでした。

 

何れにせよ早期解決を望みますね。

同じ日本人として一刻も早い解放を望みます。 

 




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。