So-net無料ブログ作成

NBAがLINEと契約! LINE公式アカウントを開設 [NBA]

NBAがLINEと契約! LINE公式アカウントを開設

 

やっとLINEにNBAアカウントがきました。

とっくに知ってる人は多いと思いますがw

 近頃 LINEが便利すぎてこの中で完結してくれるコンテンツは非常に助かります。

 

さっそく登録すると結構な数のユーザーがいましたね。

みんな早いですw

 

これでサクサク情報見れてうれしいですね。 

 

私は録画した試合が忙しく全然みれない。。。

全試合見ようとするとかなりきついです。。。

 


ここからはLINE株式会社プレスリリース

引用元:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000277.000001594.html 

 

National Basketball Association (NBA)とLINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮)は、LINE株式会社が運営するグローバルコミュニケーションアプリ「LINE」において、デジタルコンテンツ契約を締結し、このたび、 NBAは北米のメジャースポーツリーグで初めて「LINE公式アカウント」を開設(LINE ID: @nba_japan)いたしましたので、お知らせいたします。


NBAのLINE公式アカウントは、スマートフォン、タブレット端末、PCなど幅広い端末で利用可能です。NBAファンはLINE ID:@nba_japan を「友だち」に追加することで、最新ニュースや各地域のイベント情報、試合外でのできごとなどをリアルタイムで知ることができます。さらに、LINE公式アカウント以外にも、LINEのプラットフォーム上でファンが友だちと送りあえる、人気選手や伝説的選手をモチーフにしたNBAスタンプを展開する予定です。 

 

LINE株式会社 代表取締役社長 森川亮のコメント: 

このたび、LINE公式アカウントに世界のトップバスケットボールリーグであるNBAが新たに加わったことを、大変喜ばしく思います。1億8,100万人以上のMAU(Monthly Active User=月間利用者数)を有し、アジアで高い人気を誇るLINEを活用することで、NBAは世界中のNBAファンと交流することが可能となります。LINEは、このパートナーシップ契約を通じ、アジア以外にもバスケットボールが盛んな欧米において、さらなるユーザー基盤拡大を期待しています。 

 NBA ASIA マネージング・ディレクター スコット・レビー (Scott Levy)のコメント:

LINEは先進的なコミュニケーションプラットフォームとして、世界中の人々の生活の一部となっています。NBAは世界各地に多くのファンを有しており、LINEとの提携を通じて、テクノロジーに精通したファンがどこでもNBA関連情報とつながり、楽しむことができる方法を提供してまいります。


2011年のLINE提供開始以来、LINEは世界230の国と地域で使われ、69カ国において無料アプリランキングのトップを獲得しています。 LINEは無料の1対1やグループチャットの他に、国内・国際無料音声通話やビデオ通話を提供しています。また、LINEは楽しくて表現力豊かなスタンプ、タイムライン機能を提供する以外にも、LINE GAMEやLINE cameraを含む、数々のLINE連携アプリを幅広く展開しています。  

NBA公式アカウントを追加するには、LINE ID:@nba_japan を「友だち」に追加、またはQRコードを読み取ります。
Facebookページ: www.facebook.com/nba 、 Twitter: www.twitter.com/nba でも最新ニュースや更新情報を入手できます。NBAに関する様々な情報はこちらをご覧ください: www.nba.com.

 

 

 

 




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました